AutoCAD操作説明書MOBILE

AutoCADのヒント▶  / ①操作環境のヒント

自動保存ファイルを開く

自動保存ファイルは、[オプション]ダイアログ ボックスの[ファイル]タブの[自動保存ファイルの場所]で指定されたフォルダに、拡張子 .sv$ で保存されます。

item2

自動保存ファイルを開くには、その拡張子を.dwg に変更してから、通常の図面と同じように開きます。

 

AutoCAD LT が異常終了した後に AutoCAD LTを再起動すると、[図面修復]メッセージ ボックスが表示され、[図面修復管理]パレットが表示されることがあります。

 

[図面修復管理]パレットが自動的に表示されない場合は、コマンドラインに次のように入力します。

コマンド: drawingrecovery[Enter]

[図面修復]パレットでバックアップ ファイルをダブルクリックして開き、名前を付けて保存することにより、図面情報を回復することができます。

 

AutoCADのヒント▶